二〇一八年 一月一日  横浜華僑総会

会 長 王忠福
副会長 楊義誠、佐久間愛玲、楊文恵、余 凱、朱銘江、譚優矢
理事監事一同  事務局一同

2018年 新年のごあいさつ
 横浜華僑総会会長 王忠福


  恭賀新禧 万事如意 
  身体健康 事業興旺
 あけましておめでとうございます。
 2018年の新春を迎えるにあたり、謹んで年頭のごあいさつを申し上げます。
 謝成發前会長の後任として昨年夏に横浜華僑総会の会長職を拝命後、初めての新年を迎えました。初心を忘れず、皆さまの声に耳を傾け、職責をまっとうするよう努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。
 さて、昨年は中日国交正常化45周年、そして今年は中日平和友好条約締結40周年、中国・日本両国は記念すべき節目の年を迎えます。
 さらに、横浜市と上海市が1973年11月30日に友好都市提携を結んで今年45周年、われわれにとっても、意義ある年を迎えます。
 われわれの暮らすここ横浜は、1859年の横浜開港以来160年にわたり、多くの中国人がこの地に降り立ち世代を重ね、地域の方々と仲睦まじく暮らしてきた地です。
 「一衣帯水」の隣国である両国は過去には戦火を交える時期もありましたが、第2次世界大戦終結後の1955年、今日中華街といわれる地域の大通りに牌楼門が建立されました。門の表には「中華街」、裏には「親仁善隣」と刻まれ、今では街の象徴「善隣門」として広く親しまれております。
 この門には両国が国交を正常化する前から、中国と日本、隣国同士、隣人同士が仲よくしていこうという、両国の善隣友好を願う先人の熱い思いが込められています。現在は2代目になりましたがこの門は、半世紀以上にわたりこの街を見守ってきました。
 安倍晋三首相は昨年12月4日、中国が推進する中国とアジア・アフリカ・欧州を結ぶ陸海路網の再整備により世界の人口の6割以上に豊かな恩恵を与える「シルクロード経済圏構想―一帯一路」への協力を表明、中日関係改善のシグナルと歓迎されています。また、中日民間の友好促進においても先行きが明るく感じられます。
 2018年、横浜華僑総会はひきつづき、華僑の正当な利益を擁護し、愛国団結、中華文化の継承と弘揚を増進し、経済文化のレベルを高め、中日友好を推し進める活動を行っていきます。横浜華僑総会は民間の力を結集させ、中国と日本の友好親善を願う皆さまと手を携え、両国民の相互理解、交流促進に努めてまいります。
 横浜華僑総会は春節を祝い親睦をはかり、古希と成人を迎えた方をお祝いする会として恒例の「新春聯歓会」を2月28日(水)に開催します。僑胞多数のご参加をお待ちしております。この日、皆さまとお会いできますことを楽しみにしております。横浜華僑総会は従前の活動を進め恒例の行事を開催するほか、僑胞の親睦を深めるべく新たな活動を企画していきます。
 横浜の華僑華人の子弟教育の「ゆりかご」である横浜山手中華学校は、その前身である大同学校が1898年2月に開校して以来歴史を重ね、今年、120周年を迎えます。横浜華僑総会はひきつづき、横浜山手中華学校の華僑華人教育事業を支援していきます。
 横浜華僑総会は僑胞に寄り添い各僑団・僑校と連携を深め、あわせて地域の方々や行政と力を合わせ、より旺盛な組織活動を展開していくべく努力してまいります。
 ひきつづき会員各位皆さまのご支援とご協力、ご鞭撻(べんたつ)をたまわりたく、よろしくお願いいたします。
 2018年がみなさまにとってすばらしい、実り多き年になりますよう、心より祈念いたします。